コーチェラ音楽フェスティバル

SI14051302

Writer – 井田 理さん Aya Ida
米国ロサンゼルス在住/カリフォルニア州立大学ポモナ校・音楽ビジネス専攻

 

5月に入りカリフォルニアは春のような夏のような曖昧な天気が続いています。さて、音楽と言えば春から夏にかけて全米、また全世界中では音楽フェスティバルシーズンですね!
南カリフォルニアでは4月中旬に先陣を切るように、全米一規模が大きいと言われるコーチェラ音楽フェスティバルが開催されました。私は去年初めてフェスティバルを体験してすっかり虜になりました。今年ももちろん行こうと思っていたのですが、チケットは発売日当日にほぼ完売。でもきっと行けなくなった人がそのうちネットで売るから大丈夫だろう、なんて楽観的になっていたら、ネットで転売されているチケットの値段は上がる一方。。結局、フェスティバルの前日になっても値段は定価の2、3倍のまま。恐るべし、コーチェラ笑。貧乏学生には娯楽費に600ドル−1000ドルは払えないので、今回は泣く泣く諦めました。
しかし!コーチェラの楽しみは何もフェスティバルだけではないんです。

フェスティバル開催中は会場周辺のホテルや色々なところでパーティーが行われ、フェスティバルに行かなくてもパーティーにだけ行くなんて人もけっこういるんです。しかも、ほとんどのパーティーはタダです。ただし、招待制のみのパーティーが多かったりするのでコネなどがないと行けなかったりしますが。今回わたしは友達のコネもあったりで、週末3日間で8パーティー制覇しました笑。内容としてはホテルで開催されてるプールパーティーから、ファッション系マガジンのパーティー、そしてH&Mや Forever 21 などのファッションブランドのパーティーなど色々行きました。

SI14051301

 

ファッション系など大きいスポンサーがついてるパーティーは宣伝も兼ねてるので、タダでグッズを配ったり、飲み物も食べ物もタダだったりと太っ腹です!音楽もコーチェラに出演していたアーティストもしくはそれなりに有名なアーティストのパフォーマンスもあったりして豪華でした。もちろん、来年は前もってチケットを買ってフェスティバルに行こうと思いますが、たまにはこういうフェスの楽しみ方も良いな〜と思った週末でした。3日間の週末がまるで夢のようで、帰ってきてから日常生活モードに戻るのが大変でしたが。。笑 コーチェラは日本でも有名なフェスティバルだと思いますが、機会があれば是非行ってみてください。